【最高気温10度の服装】 気を配るポイントは?最適な服装を解説します

こんにちわ!

チェンジングミーです。

 

風が冷たい季節がやってきましたね^^;

これからやってくる本格的な冬にむけて、最高気温10度の服装について解説していきます。

 

 

最高気温10度とは?

一体どれぐらいの季節のことをいうのでしょう。

東京では、12月~3月くらいまでの期間をいいます。

ざっくり“冬”の気温と覚えておけば、分かりやすいですね♪

 

最高気温10度の服装で気を配るポイントは?

ざっくり冬服と考えればいいのは分かったけれど、どんなことに気を配ればいいのか?

ポイントをあげていきます!

 

ポイント①

重アウターは外せない

冬といえば、アウターが必須です。

特に最高気温10度は、昼間も冷える気温ですので、厚手のアウターが手放せません。

TPOや自分のファッションに合った重アウターを選びましょう!

 

《おすすめ重アウター》

屋外では保温性が高い…ダウンコート/ジャケット.ロングボアコート

屋内で活躍し着脱しやすい…チェスターコート.Pコート

 

 

 

ポイント②

防寒対策をしっかりする

晴れていても、風や空気は冷たい季節。体を冷やさないようにしっかり防寒対策をしましょう!

具体的な方法例として、3つの首(首.手首.足首)をあたためること。

 

《おすすめ防寒アイテム》

首を温める…マフラー.スヌード.ショール

手首を温める…手袋

足首を温める…冬素材の靴下.厚手のタイツ.ブーツ

 

 

 

ポイント③

レイヤードスタイルで温度調整をしよう

最高気温10度といえば、1日中寒さが厳しく、基本的に屋内は暖房がきいているので、屋外との温度差を激しく感じます。

体温調節をしやすいように、レイヤードスタイルで対応しましょう!

冬ならではのレイヤードスタイルは、おしゃれ見えも叶えてくれますよ(^^♪

 

《おすすめレイヤードアイテム》

インナー編…あったか肌着(あたたかい素材の肌着を着るだけで、体がポカポカします)

トップス編…カーディガン.ベスト.ジップパーカー. Gジャン

ボトムス編…レギンス.タイツ

 

 

今回は、最高気温10度の服装について解説しました。

最高気温10度といえば、冬真っ只中。

重アウターの着用と防寒対策を万全に、レイヤードスタイルで温度調節をして冷えから体を守りましょう!冬のおしゃれを楽しんでくださいね (^^)/

洋服選び・コーディネートでお悩みの方、お気軽にご連絡ください!

チェンジングミーは他のパーソナルスタイリストと違い、
芸能人や雑誌・メディアで活躍するスタイリストが対応します。

多くの方からご利用頂いている為、2010年から継続して運営できています。
他社さんで失敗された方からのご依頼も多数なので安心です!