ロールアップの正解とは!? ダサ見えしないロールアップの法則を一挙公開!

こんにちわ!

チェンジングミーです。

 

洋服の着こなしテクニックの1つでもあるロールアップ。

今回は、ダサ見えしないパンツのロールアップ方法を紹介します(^^)/

 

そもそもロールアップって?

洋服の袖や裾を巻き上げて、おしゃれに見せる着こなしテクニックです👆

 

ロールアップするメリットは?

・こなれ感が手に入る

・くるぶしを見せることでスタイルアップ

・すそのもたつきを解決して、すっきり見え!

・気分や季節によってパンツ丈を変えられる

 

巻き上げるだけなので、誰でもカンタンにできる方法ですが

1歩間違えると、ダサ見え確定してしまいます( ;∀;)

 

 

頭にいれておこう!ロールアップおり幅の法則

おり幅1つで、コーデの印象がぐっと変わります。

そしており幅ごとに、相性の良いパンツのシルエットがあることも覚えておきましょう!

 

おり幅細め⇒2㎝程がマスト。

キレイ目に見せたい時(スキニー・スリム・テーパード)

ジャストな丈…くるぶしが見える位~くるぶしより少し上位がすっきり見えします。

折る回数…2~3回。もともと短め丈なら1回でもOK♪

 

おり幅普通⇒3~4㎝。

スタンダードな服装。カジュアルからキレイ目まで幅広く対応できます。

(スリムストレート・ストレート)

ジャストな丈…くるぶしが見える位から少し下位。

折る回数…1~2回(生地がうすい場合、3回もアリ)

 

おり幅太め⇒5㎝以上。

個性を出したい時、トレンドの服装。おり幅が太くなるにつれて、子供っぽくなるので注意しよう!

(ストレート・ワイド)

ジャストな丈…くるぶしが見える位から地面から5㎜上位まで(太めはバランスが難しいので、ウエスト位置の高さやトップスの着丈によって、丈感を考える)

折る回数…1~2回

 

ロールアップ推奨パンツ

・デニム

・チノパン

・カーゴパンツ

・シェフパンツ

・センタープレス入りテーパード

・オーバーオール

 

 

ロールアップの法則さえ覚えてしまえば、スタイル良く適度なこなれ感も演出できますよ(^^)

着こなしテクニックの1つであるロールアップ。

自分のものにして、ワンランク上のおしゃれを楽しみましょう!

洋服選び・コーディネートでお悩みの方、お気軽にご連絡ください!

チェンジングミーは他のパーソナルスタイリストと違い、
芸能人や雑誌・メディアで活躍するスタイリストが対応します。

多くの方からご利用頂いている為、2010年から継続して運営できています。
他社さんで失敗された方からのご依頼も多数なので安心です!