魔法のテクニックを公開‼ ちょっとした事で痩せて見えるんです!

こんにちわ!

チェンジングミーです。

 

人は洋服の着方によって、着痩せして見えたり、逆に着太りして見えたりします...

 

スッキリと見られたかったら、痩せるのが1番ですが、そう簡単にはいかない(;・∀・)

そんな時、ほんの少しテクニックを使うだけで痩せ見え効果を手に入れることが出来るのです!

 

カラー効果

〇痩せ見えカラーを選ぶ

痩せて見えるカラーとは、黒.寒色系(ネイビー.ブルー)のこと。

実際よりも面積が小さく見えるので収縮色と言います。

 

細く見せたい部分に収縮色を使うと痩せて見える!

ただし、全体をスッキリ見せたいからと、全身黒でまとめるのは✖

実は、全身黒は、シルエットをうきたたせてしまうので逆効果になってしまいます。

※ちなみに太って見えやすいカラーは、白.暖色系(赤.オレンジ)です。実際よりも大きく見えるので膨張色といいます。

 

〇痩せ見えの配色方法は?

・ワントーンコーデ

(ベージュ×ブラウン.グレー×黒.ネイビー×ブルーなど)

全身同系色でまとめることによって、カラーがつながり縦長効果が得られるので、スッキリ見えします!

 

・膨張色と収縮色を組み合わせる

膨張色を着たい時は、細く見せたい部分に収縮色を使うこと。メリハリがきいて細く見えますよ。

 

カラーの効果を頭に入れて、コーディネートを組むだけでも痩せて見えるのですね(^^)

 

痩せ見えアイテム

《チェスターコート》

肉厚で広がらない素材とシルエットなので、チェスターコートさえ羽織ってしまえば、縦長シルエットが簡単に作れます(*^^*)

《ロングカーディガン》

こちらも縦長シルエットで着やせ効果◎

サイドにスリットが入っていれば、動きが出て足長効果も出るので、なおよし!

 

《Vネックのトップス》

首回りを見せることによって、首が長く顔を小さく見せることが出来ます。さらに、大人っぽくこなれ感も出せますよ。

 

《テーパードパンツ》

太ももにはゆとりがあり、ふくらはぎはスッキリしているパンツです。足を細く見せられる万能アイテムです。

センタープレス入り⇒さらに足が細くスタイルよく見えます。

タック入り⇒メリハリがつき、ウエストが細く見えます。

 

今回は“痩せ見えテクニック”として、カラー効果と痩せ見え服を紹介しました。

ちょっとしたことで、“痩せ見え”が手に入るのであれば、使ってみるしかないですよね(^^)/

 

洋服選び・コーディネートでお悩みの方、お気軽にご連絡ください!

チェンジングミーは他のパーソナルスタイリストと違い、
芸能人や雑誌・メディアで活躍するスタイリストが対応します。

多くの方からご利用頂いている為、2010年から継続して運営できています。
他社さんで失敗された方からのご依頼も多数なので安心です!