サングラスが似合わない? カンタンに似合うサングラスの選び方を解説します

こんにちわ!

チェンジングミーです。

 

サングラスが活躍する季節になってきましたね!

リゾート地では人の目を気にせずに、かけられるサングラスですが

街中でサングラスをかけるのは抵抗がある...という人は多いようです。

 

なぜサングラスに抵抗があるのでしょう?

“自分にはサングラスが似合わない”“なにを選んでいいか分からない”

日本人は平面な顔のつくりなので、欧米人に比べてサングラスが似合わないのは事実です。

しかし、芸能人やショップ店員など同じ日本人で、うまくサングラスをとり入れている人もいますよね?

そう!単に似合うサングラスの選び方をしらないというだけなんです!

 

自分に似合うサングラスの選び方

“なんでもいい”という訳ではありません。むずかしいことは考えず、次の4点を軸に、自分に似合うサングラスを選んでみてください(^^)/

 

◆顔の形にあったフレームを選ぶ

実は顔の形によって似合うフレームがあるんです!

 

丸顔…すっきりみえする(スクエア.ブロー.フォックス)

 

面長顔…バランスがいい(ウエリントン.ティアドロップ)

 

三角顔…やわらかさが出る(ボストン.スクエア.ブロー)

 

四角顔…あえての曲線(オーバル.ラウンド.ボストン)

 

卵顔…基本なんでも似合う♪

 

 

◆顔の大きさにあったフレームを選ぶ

顔の比率にあったフレーム選びで、印象がかわってきます。

まずは要チェック!

✓フレーム幅は、顔の幅と同じくらいか?

✓レンズの真ん中に目の位置がくるか?

✓眉毛とフレームのトップラインがちょうど重なるか?または少し覗く程度か?

当てはまれば、顔の大きさにあったフレームだといえます。

 

 

◆顔色にあったレンズのカラーを選ぶ

レンズのカラーもさまざまです♪何色のレンズにしようか?迷ったときは、

自分の顔色に合ったレンズを選べば間違いなし!

 

黄みがつよい顔には…ブラウン.グリーン

青みがつよい顔には…ブルー.パープル

※レンズのカラーは、色によって与える印象もかわってきます。

目がすけてみえるくらいが『サングラスかけてます感』が少なく、ふだん使いしやすいですよ♪

 

ちなみに、カラー別での印象をざっと紹介します♪

ブラウン⇒肌なじみがよく、とり入れやすい

グリーン⇒知的な印象.目が疲れにくい

ブルー⇒さわやかさをアピール.夏によく似合う

パープル⇒おしゃれで上品

 

◆ファッションテイストにあったサングラスを選ぶ

サングラスもファッションテイストに合わせましょう!

カジュアルなスタイルには、カラフルな色づかいやインパクトがあるフレーム。

シンプル.キレイ目なスタイルには、馴染みやすいカラーのレンズで細いフレームのタイプにする...など、サングラスをファッションアイテムの1つと考えると、悪目立ちせずにおしゃれにきまりますよ!

 

“サングラスが似合わない”と思うなら、似合うサングラスをさがしてみましょう。

自分でよくわからなければ、店員さんに聞いてみる。

プロにきくことで、思った以上に似合うサングラスと出会えるかも!

あなたに似合うサングラスが見つかりますように☆

 

洋服選び・コーディネートでお悩みの方、お気軽にご連絡ください!

チェンジングミーは他のパーソナルスタイリストと違い、
芸能人や雑誌・メディアで活躍するスタイリストが対応します。

多くの方からご利用頂いている為、2010年から継続して運営できています。
他社さんで失敗された方からのご依頼も多数なので安心です!