平服とはどんな服装? ドレスコードの1種類です。正しい平服の選び方とは?

こんにちわ!

チェンジングミーです。

 

結婚式や謝恩会の招待状でよく見る謎の言葉...

『平服でお越しください』

平服ってナニ?と疑問に思ったことはありませんか?

 

平服とは=普段着ている服。

 

普段着でいいのか!と

Tシャツにジーンズで会場に現れるとエライ恥をかいてしまいますよ( ;∀;)

 

平服はドレスコードの1種類

ドレスコードは、格式が高い順でいうと、

①フォーマル/礼服

②セミフォーマル/準礼服

③インフォーマル/平服

平服は、上から3番目のインフォーマルに当たります。

 

ここでいう平服は、フォーマルやセミフォーマルより砕けた服装。

フォーマルすぎず、カジュアルすぎない服装のこと。

表現が曖昧なので、服装に悩む人が多いのです🤔

 

呼ばれる会や場所・メンバー・時間帯によっても、平服の内容は変わってきます。

よくある平服の例を紹介していきますね(^^♪

 

結婚式や結婚式の二次会での平服

 

まず、確認するのは3つ!

①どんな会場で行われるか?

一流ホテルでの披露宴とカジュアルなレストランでのパーティーでは、雰囲気がかなり違いますよね?場所も判断材料のひとつです。

②招待客の客層は?

会社関係や上司が多い・学生時代の友達ばかりなのか?でも、平服の内容は変わってきます。

③時間帯は?

昼間の方が厳格で女性は肌見せを控える(ノースリーブのワンピースの上に、ジャケットやショールをはおるなど)

 

平服の具体例

【男性】

 

ブラックスーツ⇒光沢がない黒のスーツ

ダークスーツ⇒グレー・ネイビーのスーツ

シャツ⇒基本は白。雰囲気によって淡いピンク・ブルーも可。

ネクタイ⇒白・シルバー。ネクタイもドット・レジメ柄

靴⇒黒のひも革靴

 

【女性】

スーツ⇒ジャケット×スカート・パンツ

ワンピース⇒清楚で上品なデザインのもの

☆ベージュ・ネイビー・パステル系の華やかなカラー

 

足元⇒ストッキングにヒールのパンプス

アクセサリー⇒パールなど小ぶりな上品なもの

 

『平服でお越し下さい』を間違った意味で取り違えないこと。
呼ばれる会や場所・メンバー・時間帯によっても、平服の内容は変わってきます。

服装が分からない場合は、一緒に参加する人や会場に問い合わせてみるのも1つの方法ですよ(^^)

 

洋服選び・コーディネートでお悩みの方、お気軽にご連絡ください!

チェンジングミーは他のパーソナルスタイリストと違い、
芸能人や雑誌・メディアで活躍するスタイリストが対応します。

多くの方からご利用頂いている為、2010年から継続して運営できています。
他社さんで失敗された方からのご依頼も多数なので安心です!