【豆知識】着痩せの法則を知っておこう! マイナス3㎏見えも可能です

こんにちわ!

チェンジングミーです。

 

着る服によって、太って見えたり、痩せて見えたりしたことはありませんか?

実は、洋服選びや着こなし方で、実際よりも痩せ見えできるんですよ!

 

着痩せのコツを知っておけば、すぐに痩せ見えを手に入れられる(^^)

ダイエットするより、即効性があり確実ですね!

 

着痩せの法則とは?

・収縮色を選ぶ

収縮色とは、黒・寒色系(ネイビー・ブルー・青緑)です。

収縮色は、実際よりも小さく見える効果があり、着痩せ効果が得られます。

 

膨張色も覚えておきましょう。

膨張色とは、白・暖色系(赤・黄色・オレンジ)で膨らんで見える・大きく見える色です。

 

膨張色は、ポイント使いをする・自信のある部分に使うなど、カラー使い1つで、印象はぐっと変わってきます。

 

・着痩せ柄を選ぶ

ストライプ柄がイチ押し👆

 

ストライプ柄は、縦長ラインを強調してくれるので着痩せして見えます。

同じようなストライプでも、ボーダー柄は危険。ボーダー柄は、横に広がって見えます。

ボーダーを着る時は、主張の少ない細ボーダーで、収縮色を選ぶことをおすすめします。

 

・自分に合ったシルエット選び

体の気になる部分(痩せ見えしたい箇所)別で説明していきます。

 

《上半身が気になる》

上半身が大きい・厚みがある・女性なら胸が大きい...このタイプの人は、Iラインを意識しましょう!

アルファベットのIのように、ジャストサイズのトップスに、細身すぎないボトムス。

ロング丈の羽織を使うだけでもIラインは作れます。また、上下ワンカラーコーデにすれば、縦長シルエットになるので、着痩せ効果大。

 

《下半身が気になる》

下半身が大きい・腰回りに厚みがある・足が太い...このタイプの人は、Aライン・Iラインで。

Aラインとは、アルファベットのAのように、コンパクトサイズのトップスに、ゆとりのあるボトムスを合わせると、着痩せ効果を得られます。Iラインを作る時は、気になる下半身をロング丈の羽織でカバーしたり、ハイウエストのボトムスを選ぶと、足長効果ですっきり見えします。

 

洋服選びや着こなし方で、着痩せを手にいれられます(^^)

 

それでも、自分の体型がよく分からない、何を選んでいいか分からない…

そんな人は、パーソナルスタイリスト・チェンジングミーに、お気軽に相談してみてくださいね(^O^)/

洋服選び・コーディネートでお悩みの方、お気軽にご連絡ください!

チェンジングミーは他のパーソナルスタイリストと違い、
芸能人や雑誌・メディアで活躍するスタイリストが対応します。

多くの方からご利用頂いている為、2010年から継続して運営できています。
他社さんで失敗された方からのご依頼も多数なので安心です!