気温30度以上の服装とは? 服装で気を付けたい4つのポイントを解説します

こんにちわ!

チェンジングミーです。

 

気温30度越えも珍しくないこの頃...

めっきり、夏らしくなってきましたね!

“気温30度以上”ってどれぐらいの暑さのことをいうのでしょうか?

 

気温30度以上とは?どれぐらいの暑さ?

最高気温30度以上は、真夏日と言われ、だいたい7月上旬~9月下旬ぐらいの気温です。

最近は、温暖化もあり、気温30度以上の日も増えてきていますよね。

体感温度でいうと、半袖やノースリーブに半ズボンで過ごせる気温です☺

服装で体温調節をしていきましょう!

 

気温30度以上の時に、服装で気を付けたい4つのポイント👆

 

ポイント① 真夏に最適な素材を選ぶ

綿・リネンなどの天然の通気性がよい素材の他に、何種類か素材を混ぜて作られた吸水速乾・接触冷感など、夏に特化したものを選びましょう!

吸水速乾⇒綿とポリエステル混合

接触冷感⇒レーヨン・キュプラ

 

 

ポイント② カラー選びは見た目と機能性で

【白は無敵】

白は熱を吸収しにくく、汗をかいても汗じみになりにくいのが特徴。

見た目もさわやかで清潔感があるカラーです(^^)

 

【万能ベージュ】 

白が苦手な人には、ベージュをおすすめします。アースカラーが、肌なじみよく白の代用品としても使えますよ。

 

【涼し気なネイビー】

見た目暑苦しくなく、まろやかな雰囲気に仕上がります。

洗練された知的な印象。夏のネイビーは、おしゃれですね!

 

 

ポイント③ 1枚プラスする感覚で

気温30度以上といえば、半袖1枚で過ごせますが、1枚プラスする感覚でコーデしましょう。

 

Tシャツを1枚で着るより

・Tシャツ+インナー⇒汗を吸いとってくれ、イヤな汗のべたつきから解放されます。

・Tシャツ+カーディガン⇒クーラーがきいた室内では長袖が適しています。

薄手のカーディガンや長袖シャツ・薄いストールを持ち歩くと便利です。

 

ポイント④ 小物で夏らしさアップ

熱中症対策で帽子やサンダルを使いましょう!日焼け・暑さ対策だけでなく、真夏コーデの彩りとしても役立ちます。

 

今回は気温30度以上の服装について解説しました。

真夏日を、快適にオシャレに☆彡季節のコーデを楽しみましょう(^o^)丿

洋服選び・コーディネートでお悩みの方、お気軽にご連絡ください!

チェンジングミーは他のパーソナルスタイリストと違い、
芸能人や雑誌・メディアで活躍するスタイリストが対応します。

多くの方からご利用頂いている為、2010年から継続して運営できています。
他社さんで失敗された方からのご依頼も多数なので安心です!