差し色使いをマスターしよう! 差し色とはコーデに彩りをあたえるテクニック

こんにちわ!

チェンジングミーです。

 

差し色の使い方、正解がよく分からないという人の為に

今回は、差し色についてのテクニックを解説していきたいと思います!

 

差し色とは?

 

コーデにあえて違う色を入れること。

強調色・アクセントカラーとも言われます。

差し色を入れると、一気にコーデがしまり華やかな印象になります(*’▽’)

 

差し色をとりいれるメリット

・単調な印象になりがちなコーデに、違う1色が加わることにより奥ゆきが出来て、鮮度があがります。

・気になる体型カバーにも!

例えば...背が低い人が、差し色に明るい色の帽子やスカーフをつけると、人の目線が高い位置に集まり、背が高く見える。

・気になるカラーに挑戦できる!

大きい面積では挑戦しにくい明るいカラーでも、小さい範囲の小物ならとりいれやすい(^^)

 

差し色を使う3つのコツ

①ベースに使う色は、ベーシックカラーが基本

ベースとなる洋服は、落ち着いたベーシックカラー(黒・白・グレー・ネイビー・ブラウン・ベージュなど)でまとめましょう!

ベースカラーを1色でまとめると洗練された印象になりますし、ベーシックカラー2色使いなら、スタイリングにまとまりがでます。(黒×白など)

 

②差し色は1色投入

差し色は、アクセントをつける意味で明るい色を選びましょう!

最近は何でもアリな傾向ですが、迷った時は、ベースカラーの補色(カラーチャートの反対色)を使う・パーソナルカラーを使うなどの方法もあります。

★差し色は1色が基本ですが、柄物(例:タイダイ・チェック)もOK(^_-)-☆

最近は、ネオンカラー・メタリックカラー(シルバー・ゴールド)などもおしゃれに仕上がります♪

 

③差し色の分量は小面積で

差し色は、あくまでコーデにメリハリをつけるための色。全体面積の10%までにおさめると、コーデがピリッとひきしまり垢抜けた印象になります。全体面積の10%までといえば、ちょうど小物にあたります。カバンや靴などを明るい色に変えるだけで、差し色コーデが手に入りますよ♪

 

差し色は、単調になりがちなコーデに彩りをあたえてくれるカラーです。

差し色を使うコツは、いたって簡単。

まずは、ベーシックカラーの洋服に、明るい色の小物を投入するところから始めてみましょう(^^)

 

洋服選び・コーディネートでお悩みの方、お気軽にご連絡ください!

チェンジングミーは他のパーソナルスタイリストと違い、
芸能人や雑誌・メディアで活躍するスタイリストが対応します。

多くの方からご利用頂いている為、2010年から継続して運営できています。
他社さんで失敗された方からのご依頼も多数なので安心です!