パーソナルスタイリストがお客様と会う前にしていること

パーソナルスタイリストがお客様と会う前にしていること

 

 

スタイリストが実際にお客様にお会いするのは、主にワードローブ診断やお買い物同行です。

 

ワードローブ診断の依頼をいただいた時は、事前にお伺いしたお客様からの要望をもとに、当日どのように進行するか、計画を立て、当日に備えます。

 

お買い物同行では、ワードローブ診断と違い「下見」という作業があります。同行当日、スムーズにコーディネート提案できるように様々なショップを下見してコーディネートを組んでいます。

 

 

「下見」はお客様と向き合う時間

 

 

事前アンケートで頂いた要望や手持ちの服の情報などを何度も見直し、お客様がどんな悩みや要望を抱いているのかをかみ砕きます。「お客様はどんなスタイルを希望しているのか?」「どんな生活スタイルで、その生活に合ったコーディネートとはどいうものか?」「お客様の魅力を引き出すアイテムはどんなものだろうか?」「お客様の体型に合ったアイテムだろうか?」などいろんなことを考えながらいくつものショップを下見をします。

 

ご紹介するショップはお客様によって全く違いますが、依頼一件につき多い時では30か所くらいのショップに足を運ぶこともあります。そのため、下見にはだいたい5~8時間かかっています。スタイリストは一般の方よりも服を見るスピードが速いとはいえ、そのくらいの時間が必要となります。

 

 

 

お客様の要望をどのように実現するか

 

 

そんな風に下見をしていると自然とお客様に似合いそうなものが頭の中でジャンル分けされていきます。私の場合は「要望していただいたテイストで絶対にお客様に似合いそうなもの」「要望の内容にプラスアルファするとより良いコーデになるもの」「お客様の要望のもではないけれど似合いそうなもの・挑戦してほしいもの」などです。

 

たくさんのショップを回った後に「これが一番似合うだろう」と思ったアイテムは、同行当日に購入される確率がとても高いです。そのようなアイテムを中心に、様々なショップのアイテムを頭の中でコーディネートしていきます。

 

スタイリストからのお願い

 

同行当日、お客様をスムーズにアテンドするためにスタイリストはがいろんなことを考えていることは分かっていただけたでしょうか?

そこで、スタイリストからいくつかお願いがあります。お買い物同行やワードローブ診断の事前アンケートについてのお願いです。

 

★サイズはきちんと書いてほしい

実際にお会いする前に下見を行うため、サイズはとても重要な情報となります。

 

★写真は顔が写っているものを

事前にお客様のお写真をお送りいただいています。顔色、顔のパーツなどで似合うアイテムが変わってきますので、お顔が写っているものをご用意ください。

 

★要望はどんどん言ってほしい

要望を明確にしていただけると、よりお客様のライフスタイルに沿ったコディネートを提案することができます。当日スムーズに提案することができるので、時短にもなります。些細なことでもかまいませんので、どんどん要望してくださいね。

 

 

 

お客様とお会いする前のスタイリストが様々なことを考えていることをご紹介しました。もし依頼することに疑問や不安がありましたら、まずはお気軽にお問い合わせください(^^)